トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / コラム&ブログ / 外はキャップ、中は巾木の説明です

外はキャップ、中は巾木の説明です

totomoni blog/totomoni

2011.11.25

外壁が仕上がると部材を取り付けていきます。
これは換気ガラリです。
給気口用も同じ物を付けてます。
取り付け方をご紹介。
外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_7373546.jpg

養生された配管です。

外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_740665.jpg

養生を取って配管の出を調整します。

外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_741429.jpg

ガラリの裏側にシール材を打ちます。

外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_7423252.jpg

まだ打ちます。

外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_743589.jpg

差し込んで垂直水平を確認して完了です。

室内のお話。
壁材と床材の接点には壁側に巾木と言う木をつけます。巾木は本巾木と付け巾木があります。
ここでは本巾木をお見せしましょう。
外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_7453339.jpg

こんな感じです。
外はキャップ、中は巾木の説明です_a0148909_7483297.jpg

アップ。
①には壁胴縁がきます。
②には壁下地ボードがささります。
両方とも隠れてしまう部分なのですが、床板との隙間ができにくいように
②の溝に上からビスで固定します。ガッチリです。
隠れワザです。
キレイに大工さんが仕上げてくれます。
ありがたいです。

RELATED POST