トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / コラム&ブログ / ブログ / KIMU-WOOD / 久しぶりの道具

久しぶりの道具

KIMU-WOOD/木村淳一

2010.04.01

階段加工を続けています。
ここのところ天気が悪いですね。
寒さもありなかなか作業が進んでおりません。
そのかわり着々と確実に仕上げています。
と言うと聞こえが良いのでそうしておきます。

今回は階段の蹴込み材を段板へさして収めるための
溝をついています。
溝をつく道具は小型ミゾキリです。久しぶりの登場です!
ダンパナ(階段の段板の先端のこと)から30ミリ入った所に
巾30ミリで深さ9ミリが仕上がりです。
溝をつく道具としてはルーターでも良いのですが
木目と同じ方向に削る事と、巾と深さがあるので小型ミゾキリに
しました。
木の繊維に逆らわず溝をつけるので仕上がりがきれいです。
隠れてしまう所ですけど。

久しぶりの道具_d0126473_1833.jpg


一度に巾21ミリ深さ9ミリを削る事が出来るのでたくさん
木くずが出ます。
そこで集じん機を取り付けました。小型ミゾキリに集じん機を取り付けるのは
初めてです。
黒いホースがそうです。
さすが集じん機です。削りながらも削りくずは飛び散らず吸い込んでくれました。


さーて次の作業はスベリ止めの溝をつきをします。

    RELATED POST