トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / ブログ・コラム / ブログ / totomoni blog / 断熱性能を考える

断熱性能を考える

totomoni blog/齊藤元彦

2020.12.09

省エネ SDGs 家づくりの世界にもこの波は来ていて
より高い断熱性能が求められるようになってきました。
快適で健康的な家を目指す時 断熱性能は大切です。

 

断熱性能が低い事による 健康リスク ランニングコスト比較 など
データやシュミレーションも見かけることが多くなりました。
今回はそこは割愛させていただきます(興味ある方はこんな本があります↓)

 

 

さて、・・・・ どれくらいまでやる? 性能は高くコストは低くを求められるんですが
性能とコストは比例しちゃうんですね。 
また時代によっても出来る事が違います。 10年前は樹脂サッシは高すぎた(;。;)

 

技術会議をおこなおう! 
今までの家の解析  新しい断熱材や窓の性能比較 イニシャルコスト比較 
ランニングコストシュミレーション 

 

 

ちん!


でました。 トトモニの推奨は・・・・ 
UA値 0.46以下 (HEAT20 G2レベル) C値 1以下
外張り断熱工法 無垢と漆喰のこだわりは保ちながら (無垢の材料で耐震等級3) 

 

これだけ見ると なんだかよくわからんでしょう 
まあ だいたい真冬でも家全体が18度以下にならない ランニングコストをあまり掛けないで という感じ

 

数値化されるとそれに踊らされちゃうのですが 
敷地による日当たり 窓サイズや位置 健康や耐震などバランスよく提案したいと思っています

RELATED POST