トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / コラム&ブログ / ブログ / 齊藤の日常 / 材木屋さんに行ってきた②

材木屋さんに行ってきた②

齊藤の日常/齊藤元彦

2015.02.12

家の構造材は何を使いますか?
これ調べると 結構 奥深いんです。
集成材or無垢材
国産材or外国産材
人工乾燥材or自然乾燥材
樹種
産地
ちょっと思いつくだけで いろいろあるでしょう
これらを住まい手、造り手、林業家、材木屋、各省庁 
それぞれの立場からの視点で考えると 面白い
(ま それを語ると長文になっちゃうんで 辞めます)
材木屋ではこのように梁材が干されておりました。
手前は薪ストーブ用 奥には構造材や板材
木材も色々あるけど
経済性を優先させると 何かが失われる 
その何かがどのような所に出てくるかに興味あり
米なら魚沼産とか
マグロなら大間とか
食べ物だと産地もこだわる人って多いですが
実は木材にも産地による違いってあるんです
魚屋が市場で目利きをするように
木材にも目利きというのがあるようです
同じ樹種でもこんな違いがあるというのをご紹介
杉ですが 木目が詰まっています。
つまり成長が遅い 強度があって良い材

 

同じ杉です 木目が粗い
つまり成長が早い=早く市場に出せる
これ キャッチフレーズは
「国産無垢の家」で同じになるかもしれませんが
値段と中身は結構違うことになります。
どちらがいいと言いきれる話でないところが難しく 面白い

    RELATED POST