トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / ブログ・コラム / ブログ / KIMU-WOOD / 火をつける ストーブ

火をつける ストーブ

KIMU-WOOD/木村淳一

2021.02.22

こんばんは。
暖かくなってきましたね。
最近ストーブを使う頻度が少なくなってきてます。
それでも、
朝起きて1階の室温が19度でもストーブをつけます。
息子は半袖です。
そりゃーそうなります。

 

また、ちがう日では、夜遅く帰ってきた時、室温19度でした。
取り合えずストーブをつけてみました。
シャツを腕まくりしても火を見ると
なんだか気持ちが良い。。。
自然の力をかりて。ぬくぬくと。ぼーーーーっと。

 

 

そうそう。火をつける時は窓を開けます。ストーブに直結の給気口をつけなかったので
着火時の煙がストーブから室内にこぼれないようにするためです。
火付けはいろいろためしました。付きが良いのがトイレットペーパーの芯です。1本を5〜6当分の輪切り
にして2個を十字に重ねて付ける事が多いです。
寒い時はトイレットペーパーで足りなくなるので、その時は松ぼっくりと拾った枝です。
拾ってくるのはほとんど息子。助かります。

 

ぼーっと。

    RELATED POST