トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

NEW CONSTRUCTION 新築住宅

トップ / 新築住宅 / 設計・施工

設計・施工

  • 住む場所探し

    家族が求める生活や未来設計、コスト、環境、通勤通学、資産価値などなど、土地選びから家づくりは始まります。家づくりは生活づくり。住む場所で生活スタイルも変わりますし、求められる家の性格も変わってきます。そんな時、住まい手目線で一緒に考え設計者目線で土地の魅力を探し出し、施工者目線で造り方を検討しながら、 一緒に土地探し(下見・相談・紹介)をしています。

    土地を活かす

    色々なシーンを思い浮かべながら、土地の特徴を活かした提案します。朝日の入る場所や風の通りなどを読み解いて、生活動線や居心地の良さを見つけます。まさしく居心地の良い場所を見つけて、活かしてという感じです

    プランニング

    ぜひトトモニからの提案をお楽しみください。
    基本プラン(間取り)は納得がいくまで、詳細設計(照明や設備や収納計画、仕様選定など)も打合せを重ねます。
    「人を呼んでワイワイやりたい」とか「静かにお酒を飲みたい」とか「子供と虫採りやキャンプに行きたい」とか、生活スタイルや趣味や野望などそういう話題から設計者が求められる広さや部屋など空想していきます。

  • コスト管理

    家づくりで大切になってくるのは費用をどこに掛けるのかのバランス。ここを間違えると気持ち良い生活ができないことも。土地は一等地でも家が小さすぎたり デザインにコストを掛けすぎて収納が無いとか動線が悪かったり、快適で居心地良く健康な生活できる家を造りたいと思ったとき、全体のバランスを取りながら、取捨選択をしていく作業も必要です。
    土地探し、設計、施工を全て行っているからこそ細かいバランス調整が可能です。

    素材を大切に、素材を使いこなす

    自然素材を使った家づくりをしています。人も自然の一部と考えれば 自然素材の家が居心地がいいのは当然です。自然素材のメリットは「健康被害のリスクが少ない」「湿度調整してくれる」「経年変化で味わいを増す」などなど。その反面自然素材は難しさもあります。その特徴をよく知ったつくり手が手がける必要があります。
    家が完成したあとに、快適に過ごせる家になるかどうかは素材選びと技術によります。(住まい手の生活も一要因です)
    蓄積された技術と新しい技術の両面から検討を重ねています

    家を見る・家を知る

    かならず実際の家を見て貰うようにしています。完成見学会、構造見学会、実際に住まわれている家への御案内等に是非お越し下さい。
    「写真や図面で分かること」と「実際にその場で感じる事」は違います。実物をみると、思ったより広々と感じたり、また空気感が違います。また実際に住んでいる人の声を聞いてみるのは貴重な体験です。
    生活してみて感じる事、設計中や施工中などの事、スタッフは席を外してもいいですよ。なんでも聞いてみて下さい。

家づくりを楽しむ

簡単に物が手に入る世の中で、家もまた商品として売買されていますし、私達も便利な物や簡単に手に入る物をよく利用します。
しかし、自分達が住みたい家、造りたい家を考えたときに、物を買う、売るという感覚ではなく、
「ともにつくる」という関係と意識をもって生み出された家がいいなと考えました。
そうしてつくられた家は人を幸せにする力が宿っていると感じますし、なによりそうした家づくりが面白い。
手間がかかりますし苦労も面倒もありますが、それも含めてやりがいがあり楽しいです。
ぜひ、人生の一大イベントの家づくりをいっしょに楽しみましょう。

次ページ/素材について