トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / コラム&ブログ / ブログ / 齊藤の日常 / キノコって (ホコリタケ編)

キノコって (ホコリタケ編)

齊藤の日常/齊藤元彦

2010.10.16

(ホコリタケの食べ方)
ホコリタケって知っていますか?
キノコの頭に穴が開いて そこから煙みたいに胞子を吹き出します。
ヘンチクリンなキノコです。
食べられると聞いて 早速料理開始です。
今回はバターで炒めることに

 

1 洗って 切ります。
中が白い状態なら食べられます。
黄色く(胞子で)なっていたら やめましょう。
2 皮を剥く
でも剥きませんでした。
そんなに皮硬くないし
 3バターを溶かして 肉とモヤシと一緒に炒めました。
塩 少々  醤油 適量  コショウ 少々 
4 食べます。
美味しかったです。 食感はやわらかいハンペンのよう まろやかな舌触りです。
皮を剥いたほうが この柔らかな食感を損なわないだろうなと思いましたが
まあ、自分で食べるんなら そこまでしなくても というレベル。
トマトの皮程度
味は 独特の風味(香り)があります。でもそんなに強くない。私は好きな味でした。
市販で売っているキノコとは全く違う食感と味。これは珍味です。
次 見つけたら また食べる?と聞かれたら
食べます。美味しいですよ。
このキノコなら 形が独特なので
判別が容易 
いやあ キノコの世界は面白い。

    RELATED POST