トトモニの家づくり totomoni~自然と、家族と、つくりてと。

COLUMN & BLOGコラム&ブログ

トップ / コラム&ブログ / 富岡製糸場に。

富岡製糸場に。

牧島の日常/牧島美玲

2018.05.12

あら。はや1ヶ月前のことになってました。

父の実家訪問と兼ねて、世界遺産・富岡製糸場に行ってきました。

よくこの建物を残していてくれたね、と思う見応えある建物でした。

煉瓦が目立つけど、基本的に木造。

重厚な木の柱、梁による構造で、柱と柱の間に煉瓦を充填して壁にしています。

洋風だけど屋根は瓦。うんうん。明治期の趣たっぷりです。

 

織機が並ぶ建物は当時は貴重だったガラスが壁いっぱいに!

国をあげての産業の力。建物からも機械からもエネルギー感じます!

蚕の保存室。建物の架構がカッコイイ!

一番楽しかったのは、建物の修復現場が公開されて入れたこと!

メインの煉瓦の建物と同じ規模、長さ100mくらいの建物を修復していました。

↑壁のシートが、完成形の建物の模様になってる♪

 最近お寺の修復でもありますね。見れないけどイメージできるようにかな。

 そして、みんな真っ赤なヘルメットかぶって中に入るのがかわいい♪

 両親のヘルメット姿も写真とっておけばよかったな。

 

タイルで焼かれた注意事項。いい色でてるし、愛嬌あるなぁ。

 

製糸場のまわりの町並みは、昭和・平成には少しさびれた町だったんだろうな、

でもこれを機に盛り上げて再生していこうな、って感じがあって

町も遺産と一緒に生き残ろうって雰囲気にも、ほっこりしたのでした。

    RELATED POST